施設概要・活動紹介

工業振興の拠点施設

ものづくりの【新生・再生・共生】の活力を創造する

建設の背景
「テクノプラザおかや」は、大手企業の海外シフト等により「ものづくりの空洞化」が起こり、 市内中小企業全体の構造転換が迫られる中で、産業振興の拠点となる施設の必要性が位置付けられ、 業界の方々を中心とする検討委員会を組織し、議会をはじめ大勢の皆様の意見を広く聞く中で計画が具体化し、 建設に至りました。

テクノプラザおかやの役割

  • ネットワーク形成を支援し、多様な情報を発信する拠点
  • ものづくりの誇りを次代に伝える拠点
  • ものづくり人材が育ち、新たな工業として飛翔していく拠点
  • 魅力的な工業都市岡谷を世界にアピールする拠点
  • グローバル化や高度情報化を支援する拠点
  • 人・もの・情報が交流する拠点

概要説明
「岡谷市工業技術振興基金及び経済産業省の地域産業集積活性化対策事業の支援を得て、平成14年6月7日 オープン。

面積
1階床総面積 976.63m2
2階床総面積 612.94m2
3階床総面積 543.45m2
PH階床面積 38.75m2
述べ床面積 2,171.77m2
建築面積 1,004.04m2
敷地面積 1,850.25m2
工事費
本体工事費 711,690,000円
駐車場工事費 39,900,000円